全文XML公開で閲覧の利便性を向上!

WORKS

印刷以外の制作実績

  • J-STAGE
  • 全文XML形式
  • ジャーナル
  • 公益法人様

全文XML公開で閲覧の利便性を向上

CLIENT

日本油化学会 様

論文の書誌情報のみをXMLで記述(書誌XML形式)するだけではなく、
全文をXMLで記述(全文XML形式)することで、検索精度が向上し、ブラウザの翻訳機能も有効となります。
(XMLとは、文章の見た目や構造を記述するためのマークアップ言語の一つです。)

全文XML公開することにより、 全文検索や構造的な検索といった検索精度ならびに閲覧の利便性が向上され、
データ抽出も可能になり、システムが変わった場合にも柔軟に対応
できます。
本文と図表・本文と参考文献をリンクすることができ、すぐに必要な情報に辿り着くことが可能です。
ブラウザ上の翻訳機能も使用できるため、グローバル化され、閲覧数の向上が期待されます。

■ 登載している資料例
『Journal of Oleo Science』
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jos/-char/ja/

 

▶ 相談の経緯
お客様が全文XML形式で論文を公開することに大変興味をお持ちでした。
相談していただいた当時、J-STAGEにおける全文XML形式の登載数は、約2,000誌中50誌程度でしたが、
弊社はこれを機に、いち早く全文XML形式を取り入れることができました。

 

▶ ご担当者様からの評価
国際的な情報発信において、論文の全文XML化は極めて有効な手段であり、今後さらに推進したいと思っております。
現在はPDFでの公開と併用しているため、将来的には全論文の全文XML化も検討していきます。