印刷物とのハイブリット発行&J-STAGEのみもOK!

WORKS

印刷以外の制作実績

  • J-STAGE
  • ハイブリット発行
  • 公益法人様

印刷物とJ-STAGEのハイブリッド発行

CLIENT

公益社団法人 日本設計工学会 様

学会誌の論文だけをJ-STAGEへ登載をすることも可能です。
印刷物とJ-STAGEのハイブリッド発行することもお任せください。
また、J-STAGEのみの対応も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

■ 登載している資料
学会誌「設計工学」
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjsde/-char/ja

 

■ 相談の経緯
出版部会にて電子版化のご要望があり、J-STAGEへの登載対応が可能か相談を受け、能力開示いたしました。
早期公開の対応に加えて、学会誌(印刷物)には「論文」を掲載せずに、J-STAGE(電子版)のみに「論文」を公開したいというご希望を踏まえ、学会誌(印刷物)とJ-STAGE(電子版)のハイブリッド発行を実現しました。

 

■ 詳細
J-STAGEの早期公開を利用し、査読後の論文をいちはやく公開しています。
学会誌(印刷物)には、目次と論文の書誌情報にページ数を記載し、J-STAGE(電子版)においてもページ番号を記すことにより、学会誌(印刷物)とJ-STAGE(電子版)のハイブリッド発行が可能となります。
印刷物のページ数を削減することにより、印刷費用の軽減、また早期公開を利用した、論文の速やかな情報発信を実現しています。
J-STAGEでの論文公開を実現し、その5年後には論文投稿システムの活用を実現し、校閲運営委員会における査読を円滑に運用することができるようになりました。

 

■ ご担当者様からの評価
学会にとって、研究者の知見を学術論文として広く、そして早く世に出すことが責務であります。
学術誌による出版のみでは十分でなかったこの問題に対し、J-STAGEでのハイブリッド出版は極めて優れた解の一つでした。
校閲終了後、早期公開から本掲載まで迅速かつ丁寧な対応をいただいており、当会の予想を遙かに上回る28日(2021年度実績)での早期公開は、当学会が大きなアドバンデージを得るための極めて重要な役割の一端を担って頂いております。